• 【お知らせ】
    オンラインショップがリニューアルしました。
  • 【お知らせ】
    オンラインショップがリニューアルしました。
送料800円〜
16,200円以上のご注文で
送料が無料

Blog

2016/07/22 20:33

古道具の中には、うん 何かな?と一瞬首をかしげるものがあります。もちろん、その時代時代の用途があるのですが、今は使えない。でもそのサビ加減や今はないフォルムがかっこよくってつい飾っておきたくなるのです。買い付けに行って「これなに?」と聞いても「わからん」と返ってくるものもあります。



銀色の箱が好きです。開けても何かわからない・・・わかりました。髭剃りトラベルセットです。なんと鏡と石鹸入れつき。10cm足らずのこの小さな箱で髭剃りできちゃう優れもの。その可愛さに惚れました。

古びた板にサビサビの鉄・・・そうです。アイロン置き台。炭を入れるアイロンの台です。

これは・・・どうしてもわからない。経年の渋い色の木箱。小さな引き出しがついています。鰹節削り器にも似た形ですが、刃はついていません。
古道具好きの人はわかるかもしれませんが、たくさんの人の手に触れそれぞれの用途を果たしていたからこそ、そして長い年月を経てきたからこそ今のこの容姿があります。用途を果たせなくなっても捨て難い道具たち。ずーっと見ていても飽きません。
空木は、23日(土)24日(日)11:00からOPENです。尚、24日(日)は、都合で3:30に閉店いたします。申し訳ありません。

〒633-2432 奈良県吉野郡 東吉野村木津川601